スキューバダイビングで遊ぶ

見所満載!スキューバダイビング

沖縄といえばコバルトブルーの海!美しい海でスキューバダイビングを楽しみたいという人も多いでしょう。沖縄県内にはたくさんのダイビングスポットがあります。また、ダイビングが体験できるお店もたくさんあるので、初心者でも気軽に楽しむことができます。スキューバダイビングと一口で言っても、場所やお店によって様々なコースがあるので、体験する際は事前にどんなダイビングができるのか調べていくことをおすすめします。例えば恩納村付近のダイビングスポットには有名な「青の洞窟」があります。差し込む光で洞窟内が青色輝く神秘的なスポットです。美しい海を満喫したいなら、サンゴ礁を中心にしたコースを選べばクマノミをはじめ色鮮やかな熱帯魚を楽しむことができます。中にはウミガメやジンベイザメといっしょに泳げるというプランもあります。

チェックしておきたい注意点

美しい海を堪能できるスキューバダイビングですが、ダイビングを行う際には注意点があります。実はスキューバダイビングを行ったあとは飛行機に乗ってはいけないということを知っていますか?体験ダイビングの際も、当日飛行機への搭乗予定がないか、お店側から必ず確認されるほど大切な注意点です。比較的浅い場所でのダイビングでも直後に飛行機に乗った場合、減圧症になる可能性があるからです。ダイビング1本の所要時間は約40分前後です。ダイビングを1本行った場合は最低でも12時間、ダイビングを2本以上行った場合は18時間以上時間をあける必要があります。旅行中にスキューバダイビングを考えている場合は、飛行機の搭乗時間を考えて予定を組みましょう。

久米島のツアーでは特産品である車エビをはじめ、マグロやカジキ、もずくなどたくさんの久米島産海産物を味わうことができます。