特産品を満喫する

自然が生み出す特産品

1年を通して暖かい気候の沖縄県には、県独自の様々な農作物があります。沖縄を代表する野菜といえばゴーヤ。苦みのある味が特徴のゴーヤは、観光客にも人気のある沖縄料理ゴーヤーチャンプルーの材料としても知られています。島ラッキョウは沖縄で栽培されている県独自の品種です。一般のラッキョウに比べると小ぶりで、香りとからみが強いのが特徴です。天ぷらや甘酢漬けにして食べられています。その他にも特産品として、南国を代表するフルーツもたくさんあります。パインアップルをはじめ、ドラゴンフルーツ・パッションフルーツ・マンゴー・シークヮーサーなどが有名です。美しい海に囲まれた沖縄は海の幸にも恵まれ、海ブドウや沖縄もずくなどの海産物があります。

加工してもおいしい特産品

これらの農作物を使った加工品も沖縄の特産品として欠かせません。シークヮーサーやパインアップルなど沖縄のフルーツを使って様々な商品が作られています。ジャムやドライフルーツ、ジュースは手軽に購入できてお土産としても人気です。ジュースだけでなく、グァバの葉と皮を乾燥させたグァバ茶・ジャスミン茶の一種であるさんぴん茶などのお茶も有名です。沖縄の特産品として外せないのが黒砂糖です。観光地としてもさとうきび畑は人気ですが、そんなさとうきび畑で育てられたさとうきびから作られる黒砂糖は、県内でも地域によって味や食感が違います。県内では黒砂糖を使ったお菓子も多く作られています。また、沖縄のお菓子と言えばちんすこう・紅芋タルトもお土産の定番です。

西表島のツアーが人気を集めるのは、観光スポットとしての魅力に溢れているからです。旅行客を魅了してしまうでしょう。